理顧




cyg_ann_b.png 4_smooooch_kikaku.gif Maple_Leaf_Diary_t_a.gif
     *Admin

datememo
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2010.03.07

プルシェンコ

 
 
おんさんとあどおねさんのとこでプルシェンコについてふれられていた
自分もニコで見て驚いたのですがカッコイイと何しても許されるんだなと思いました

↑あどおねさん宅から拝借
本当にコレだから恐ろしい
 
   
 
自分が見たのもコレだった



↑動画のマイリスト中に書いてあった文章見て泣いた

他の家族と一緒に木製の鉄道車両で暮らし、食べる物に困り家族で空きビンを集めて賄う極貧生活。決して「王子様」ではなかった。たった一つの夢のために、コーチのミーシンと二人三脚で歩いてきたエフゲニー・プルシェンコ「僕には僕らが空きビンを拾っている時の、他人の視線が耐えられなかった。母親には 『ベンチで休んでてよ。僕一人で拾えばいいから。』 と言って、他の人が飲み終わって捨てた空き瓶を、バッグに拾い集めるんだ」11歳で親元をひとり離れ、有名コーチ・ミーシンの門下生になったプルシェンコだったがお金があるわけもなく、子供が一人で暮らすにはあまりにも酷い環境で生活。見かねたミーシンは自分の家に住まわせ、衣食住を援助した。一方で幼くして選抜チームに選ばれるなど、絵に描いたような神童であったプルシェンコは、嫉妬する年長の先輩スケーターたちに根性焼きをされるなど、激しいイジメにあっていた。唯一プルシェンコをかばった先輩はアレクサンドル・アブトだけだったという。先輩スケーターたちに酷く苛められ、毎日泣いていたプルシェンコですが、先輩がジャンプを飛べば、張り合うようにコンビネーションをつけて。ロッカールームで苛められるなら、誰よりも早く練習を始め、誰よりも遅くまで練習をしました。いつか見返してやる。いつかまた家族一緒に暮らしたい。そんな強い気持ちが、大粒のダイヤモンドの原石を磨いていきました。

凄すぎる;;

⇒この動画をあげた方のマイリスト(ニコニコ動画)



ヨナマオ比較検証動画




LoveHeaven

パス抜きにあってしまったようで…;;
なんてコメしたらいいかわからない;;
 
 

メイポ 鈍器

   HOME   

Copyright(C) 百量 三時. All rights reserved.
Template designed by komame.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 
m_n_s__8.gif
I love Abel